東京都 新宿区 弁護士 藤元法律事務所

取扱業務

不倫、DV、ストーカー

不倫の慰謝料請求

配偶者が不倫していた場合、配偶者および不倫相手に対して、慰謝料を請求することが可能です。
裁判において認められる慰謝料は、不倫関係の期間、元々の夫婦仲がどの程度良好であったのか等、様々な要素を考慮して決まります。
法律相談において、詳しくご事情をお聞きするとともに、証拠についても検討し、一緒に今後の方針を考えます。

DVを受けているケース

相手方から暴力を受けている場合、必要に応じてDV防止法に基づく保護命令の申立てを行います。
裁判所が保護命令を出した場合、配偶者は、あなたに直接連絡をしたり、面会することができなくなります。

元交際相手のストーカー行為

元交際相手から執拗に連絡がくる等の場合、ストーカー規制法上の犯罪に該当する場合があります。
この場合、警察署に相談し、ストーカー規制法の「警告」や「禁止命令」をしてもらうとよいでしょう。
弁護士においても、内容証明郵便での警告、刑事告訴、接近禁止仮処分の申立て、損害賠償請求訴訟の提起などの方法で、ストーカーに対して法的手段をとることが可能ですので、ぜひご相談ください。

当事務所にご依頼いただいた案件につきましては、
その信頼に応えられるよう、私が責任を持って全力で取り組みます。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

TEL.03-5925-8173

お問い合わせはこちら

pagetop