取扱業務 刑事事件

刑事裁判における弁護活動

刑事裁判を提起された場合の弁護活動は、例えば、以下のようなものです。これらの活動の中から事案に応じて必要な活動を行います。

刑事裁判の流れ

刑事裁判は、以下の順番で進みます。

刑事裁判の流れ

保釈請求の流れ

(1) 保釈請求は、起訴後から可能です。起訴前から弁護人として選任されている案件で、起訴が予想される場合、起訴前から関係資料を収集して保釈請求書を作成し、起訴後に保釈請求がすぐにできるよう準備しておきます。被疑者、家族または関係者には、保釈保証金を準備していただきます。

(2) 弁護士が、裁判所に保釈請求書及び関係資料を提出し、保釈請求をします。

(3) 裁判官は、検察官に保釈に関する意見を求めます。保釈請求前に、弁護士から検察官に連絡しておくと、スムーズに進む場合が多いです。

(4) 必要に応じて、裁判官面接で弁護士の保釈に関する意見を口頭で裁判官に伝えます。

(5) 裁判所が保釈許可決定または保釈却下決定を出します。
保釈許可決定が出た場合(通常、請求後3~4日)、裁判所が決定した保釈保証金(150万円~250万円程度が多い)を、家族等から弁護士の預り金口座に振り込んでいただき、弁護士または事務職員が、裁判所で保釈保証金を納付します。
保釈却下決定が出た場合、不服申立てを行うか、時間をおいて再度保釈請求を行うかを検討します。

(6) 保釈保証金を納付した日の夕方、釈放されます。身元保証人に警察署等に迎えに行っていただくことが多いです。裁判が終わるまでの間は保釈条件を守って生活してください。

(7) 裁判終了後、保釈保証金が弁護士の預り金口座に返金されますので、ご指定の口座に速やかに返金します。

藤元法律事務所 法律相談受付 電話番号03-5925-8173
メールで法律相談
ブログ
弁護士 藤元達弥のブログです。
お問い合わせ

【交通】
 ・丸ノ内線「新宿御苑前駅」徒歩5分
 ・都営新宿線「新宿三丁目駅」徒歩5分