取扱業務 交通事故

交通事故事件の手続の流れ

自動車にひかれてケガをした、家族が交通事故で亡くなったという方たちの代理人となり、弁護士が加害者(多くは保険会社)と交渉または裁判を行います。
個人で保険会社と交渉をする場合、保険会社から、保険会社基準の和解金額で和解案の提示があります。
しかし、保険会社の基準よりも、裁判で認定される賠償額の方が多額です。
弁護士に依頼されることにより、裁判の基準での交渉または裁判が可能になりますので、適正な額の和解金を得られる場合があります。

当事務所の弁護士は、交通事故の案件に意欲的に取り組んでおりますので、安心してご相談ください。

交通事故の損害賠償請求の流れ

(1)法律相談
まずは、電話またはお問い合わせフォームから、法律相談をご予約の上、法律相談にお越しください。
この時に以下の資料があれば、ご持参ください。
資料がなければ、受任後に必要に応じて弁護士が収集しますので、ご持参いただかなくても結構です。

法律相談では、事故の場所、日時、態様や、生じた損害の項目をお聞きします。事故により生じた精神的な負担にも配慮しつつ、お話をお聞きします。
その後、弁護士に依頼した方が良いと思われる案件については、弁護士費用の見積もりをお伝えします。ご自身で対応が可能な案件については、対応方法について、アドバイスします。

(2)弁護士委任契約書、委任状等の作成
弁護士に依頼される場合は、契約書、委任状を作成し、着手金を支払っていただきます。

(3)受任通知、関係資料の収集
保険会社に受任通知を送り、以降の一切の連絡は、弁護士にして欲しい旨伝えます。その後、(1)の資料のうち、足りない資料の収集を行います。

(4)交渉、調停、ADRまたは裁判
資料がそろった時点で、こちらの請求内容をまとめて、保険会社に書面で、損害賠償を請求します。その後、交渉がまとまれば、和解書を作成します。
交渉がまとまらなければ、調停、ADRを申し立てるか、裁判を提起します。

(5)事件の終結
交渉の場合、和解書記載の和解金の支払を受けます。その他の手続の場合は、各手続の結果として認定された損害賠償額の支払を受けます。


弁護士費用

▼着手金 ▼報酬金
交渉、調停、ADR 100,000円~ 得られた額の10%~
裁判 200,000円~ 得られた額の10%~

以上、消費税別

藤元法律事務所 法律相談受付 電話番号03-5925-8173
メールで法律相談
ブログ
弁護士 藤元達弥のブログです。
お問い合わせ

【交通】
 ・丸ノ内線「新宿御苑前駅」徒歩5分
 ・都営新宿線「新宿三丁目駅」徒歩5分